Looopでんき 北海道で電気代ひと月1000円節約

2018年に北海道に移住して北海道電力を使っていたんですがそんなに使用量が多くないにもかかわらず「なんか電気料金高いな」と感じていました。

調べてみると北海道電力は他の地域に比べて電気料金が高いことがわかりました。

電気代を節約するにはどうすればいいか、何とか安くならないかと調べ始めたのがきっかけでした。

価格.comで調べるといくつかの電力会社の今までよりも安いプランがでてきました。

その中でもすでに全国でサービスを行っていて口コミの評価も良く値段も安く将来的にも安定して使えそうなLooopでんきにすることにしました。

目次

Looopでんきとは

2011年の東日本大震災で太陽光発電機を無償で配布したこときっかけにスタートした電気の小売り、再生可能エネルギー発電所の運営を行う会社です。

料金体系

一般家庭向けは基本料金0円の「おうちプラン」と大きな家向けの「ビジネスプラン」2種類。

さらに組み合わせると割引になるプランとして、

「ガス割」、「ソーラー割」「Looopでんち割」、「EV割」などがあります。

うちの場合は普通サイズの家で使用量も普通ですので「おうちプラン」にしました。途中から長く使うほど料金が下がっていく「再エネどんどん割」という割引プランを追加変更しました。

「再エネどんどん割」は2020年12月現在、北海道のみとなっているようで今後その他の地域にも広がる可能性がありそうです。

申し込み方法・支払い方法

申し込みはLooopでんきのwebサイトからのみとなっています。支払いはクレジットカードのみとなっています。

1、電力会社から送られてくる「電気使用のお知らせ」を見ながら申し込みサイトに必要事項を入力していきます。

2、申し込みが完了すると1週間ほどでLooopでんきが旧電力会社に解約手続きをやってくれます。

3、申し込みから2週間ほどで供給開始のお知らせがハガキで届きます。

4、電気工事会社からスマートメーターへの切り替え工事日の連絡がきます。工事がない場合もあるようです。(うちの場合は工事なしでした)

5、供給開始日にLooop電気から電気が供給されます。

ここまでwebサイトへの入力以外は特に何もしませんでした。知らないうちに切り替わっていた感じです。

実際どれくらい安くなるのか

Looopでんきのサイトで料金シミュレーションができるので事前にやっておくといいかもしれません。

北海道エリア従量電灯B、50A、一ヶ月の使用量500kwでシミュレーションしてみました。

シュミレーションでは20332円もお得になっちゃいますね。

我が家の場合をサンプルに北海道電力を使っていた時とLooopでんきに変えてから実際にはいくら安くなったかというと、、、、

留守にすることが不規則で多かったりするのでその月によって使用量が違うため大体同じくらいの使用量の月を比べてみました。

2019年4月 189kw 使用  料金 7006円 (北海道電力を使っていました)

2020年6月 193kw 使用  料金 5979円  (Looopでんきでの料金)

北海道電力で189kw→7009円

Looopでんき193kw→5979円

使用量ほぼ同じで約1000円ほど安いことがわかります。毎年同じ使用量だとすると12000円ほど浮く計算になります。これが10年20年続くとかなりの金額です。  (※2020年9月が料金0円になっているのはどんどん割のキャンペーン期間中だったためです)

なお電気の使用量のお知らせや請求書も送られてきませんのでwebサイトのマイページから確認するようになっています。

Looopでんきを使っての感想 メリット・デメリット

一年弱使用してみて電力会社を変えたからといって頻繁に停電になったり何かほかの不都合は特にありませんでした。一度だけ停電がありましたがこれはLooop電気が原因かどうかは不明です。どの電力会社でも起こりえることなので特に問題ではないかと思いました。

あくまでも個人的な感想ですが、、、、

メリット:料金が安くなった

デメリット:特になし

今後はさらに似たようなサービスを提供する会社が増え競争によって料金やサービス内容の向上に期待したいところです。

なお住んでるエリア、生活スタイルによっては別の会社のほうが条件がいい場合があるので色々な会社でシミュレーションして検討してみることをお勧めします。

あわせて読みたい
つみたてNISA 2年目運用報告 2021年 運用利回りは? 2019年10月に開始した積立NISA、2年間毎日(毎営業日)つみたてしました。 2021年10月現在の運用実績↓ 結果:約29%増えました。 投資総額 84万994円 → 評価額108万8...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
TOP
目次
閉じる