ハイガー産業チェーンソーHG-K5200 プラグ交換でスムーズなエンジンスタート NGK BPM6A

HG-K5200プラグ交換

HAIGEのチェーンソーHG-K5200を使い始めて1年ほどが経ちました。

初めてのチェーンソーでよくわからないまま使い始め、最初のエンジンスタートでつまづきました。

やりかたが悪くプラグをかぶらせてしまいました。

その後はエンジンはかかるもののかなり何度もリコイルスターターロープを引かないとかかりませんでした。

ネットで検索しているとプラグを交換すると改善するかも

ということでNGKのBPM6Aというプラグに交換してみることにしました。

目次

プラグ交換方法

プラグはチェーンソー本体の上蓋の中に入っています。

黒いノブを回して蓋をはずします。

内側のエアーフィルターも取りはずします。

取り外すと黒いプラグコードが出てくるので、それも取り外します。

プラグコードを外すとプラグが出てきます。

付属のボックスレンチでプラグを取り外します。

かなり汚れたプラグが出てきました。

NGKのプラグ、BPM6Aを用意します。

さっき取り外した穴に取り付けます。

ボックスレンチでしっかり締めます。

プラグコードもしっかりと取り付けます。

エアーフィルターと上蓋を元に戻して完成です。

斧を壁にディスプレイ 木製のフック(飾り台)を作ってみました↓↓

あわせて読みたい
斧を壁にディスプレイする 斧を壁にDIYして飾ってみました。ホームセンターなどで売っているフックは金属製でどうも味気ないので木製の物を自作してみました。 実家の物置にすごく古そうな錆びた...

プラグ交換後の試運転

エンジンスタートスイッチをオンにし、チョークを引きます。

リコイルスターターロープを引きます。

一度引いただけで「ブルン」という初爆がありました。

初爆があったらすぐにチョークを戻しさらにスターターロープを引きエンジンをかけます。

この時は4回目でかかりました。

同じように何度か試してみました。

一発で初爆があります。

やはり初爆から4回リコイルスターターロープを引いたところでエンジンがかかりました。

さらにエンジンが冷えてからも試してみました。

結果は一発で初爆。

その後二回引いたところでかかりました(^O^)

その後も何度か試しましたが、一発でかかることもありました。

チェーンソーのプラグ交換でエンジンスタートはかなり楽になりました!!めでたし!!(^O^)

古いプラグではどんな感じだったか

交換前の古いプラグの時は初爆の「ブルン」がでるまでに通常何回もスターターロープを引いていました。

初爆があってチョークを戻したあともエンジンがかかるまでかなりの回数スターターロープをひくことがありました。

場合によっては10回、20回、30回と引いていました。

肝心の伐採作業を始めるまでに汗だくになってました(・_・;)

動画も参考にしてください↓

まとめ

HAIGEのチェーンソーHG-K5200を使っていてエンジンがどうしてもかかりにくい時はプラグをかえてみると改善の可能性ありです。

プラグの交換はとても簡単なので試してみてください。

あわせて読みたい
集塵機 E-value EVC-200SCL 乾湿両用掃除機レビュー 作業小屋ではほうきとチリ取りでそうじしてたんですが細かいところの木くずやほこりをとるにはちょっと手間がかかります。効率アップのために集塵機を買ってみました。...
HG-K5200プラグ交換

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
TOP
目次
閉じる