集塵機 E-value EVC-200SCL 乾湿両用掃除機レビュー

集塵機 E-value EVC-200SCL 乾湿両用掃除機レビュー

作業小屋ではほうきとチリ取りでそうじしてたんですが細かいところの木くずやほこりをとるにはちょっと手間がかかります。効率アップのために集塵機を買ってみました。ネットでコスパよさそうで評判も上々のE-valueのEVC-200SCLという機種にしました。

結果とても効率よく掃除できて作業スペースをきれいに保つことができました。他の工具とつなげて木屑の飛び散りを大幅に抑えることもできました。

斧を壁にディスプレイしてみた↓↓

あわせて読みたい
斧を壁にディスプレイする 斧を壁にDIYして飾ってみました。ホームセンターなどで売っているフックは金属製でどうも味気ないので木製の物を自作してみました。 実家の物置にすごく古そうな錆びた...

今回購入したEVC-200SCLの本体タンクはステンレス製になっています。

姉妹機のEVC-200PCLの本体タンクは樹脂製。機能は同じですが見た目が200PCLよりも200SCLのほうが「高級感」ありますね。

目次

スペック

品番:EVC-200SCL 

周波数:50/60Hz

消費電力:1050W

最大風量:2.0㎥/min

最大真空度:14kPa

吸込仕事率:180W

集塵容量:約11リットル

給水容量:約11リットル

機体寸法:EVC-200SCL 約32cm×32cm×55cm

(EVC-200PCL約40cm×40cm×51cm)

ホース:長さ約2メートル×直径約35mm

コードの長さ:約4m

重量:EVC-200SCL 約5.3kg  (EVC-200PCL 約4.7㎏)

騒音:EVC-200SCL 80dB  (EVC-200PCL 78dB)

タンクがステンレス製の200SCLのほうがやや縦長で大きく重量も少し重くなっています。

付属品:ワイドノズル、丸毛ブラシ、隙間ノズル、ペーパーカートリッジフィルター、延長パイプ、フレキシブルホース、クロスフィルター、フォームフィルター、集塵袋1枚

組み立ては上部ハンドルと下部のキャスター4つをネジ止めするだけで簡単です。必要なものは一通り付属品に入っています。

使用感 吸引力 使い勝手

吸引力

吸引力は強いです。主に床に落ちた木くずやほこりの掃除、使い終わった電動のこぎりなどの機械周りの掃除ために使っているんですがじゅうぶん強力に吸い込んでくれます。

狭い作業小屋で電動のこぎりやサンダーなどを使用するとどうしても部屋中がすぐに細かい木くずでいっぱいになってしまいます。

そんな時にほうきと塵取りよりも格段に作業効率がアップし部屋も綺麗に保てて気持ちよく使えます。

使用後の木くずだらけの機械は付属のブラシノズルをつけると掃除しやいです。

集塵袋をセットして使用すると少しだけ若干ですが吸引力が落ちる気がします(計測したわけではないですが、、、)。

集塵袋は値段もするので付属のペーパーカートリッジフィルターのみでもいいかもしれませんがタンク内の掃除が楽できれい使えるので集塵袋はやはり便利です。

集塵袋をセットすると内側はこんな感じです

他の工具との接続

アダプタなどを駆使すると他のDIY工具と接続することもできます。我流でやっていますのでもっとほかに良い方法、アダプタ、器具などがあれば是非教えてください!!

マキタ makita 仕上げサンダーBO3710との接続

マキタの 仕上げサンダーBO3710マキタのジョイント22-38SK11のsk11 集塵機接続アダプター SAD-HS1を連続でつなげることでサンダー使用時に大量に出る木屑を低減できます。そのままでは取れやすいので養生テープで補強しています。間にさらに延長ホースをつなげるとさらにいいかもしれません。

HiKOKI(ハイコーキ)卓上スライド丸のこFC7FSBとの接続

HiKOKI(ハイコーキ)卓上スライド丸のこFC7FSBの集塵袋に集塵機のホースを突っ込みチャックを閉めてクリップで留めると大幅に木くずの飛び散りをおさえることができます。

ブロア 排気

吸い込み口の反対側にある排気口にホースを差すとブロアとしても使えます。

こちらもかなりな勢いで風が出ます。ブロアとして使用しない時はただの排気ですので狭い部屋などで使用するときは排気口後ろに飛んでは困るもの、ホコリなどに注意が必要です。

吸引しずらい場所は一旦ブロアで少し飛ばしてから吸い込むのも手かもしれません。

冬季、除雪機のローター部分についた雪を吹き飛ばすのにも使えます。

雪のついた除雪機をそのまましまうと凍り付くことがあるので排気ブロアーを利用して雪を吹き飛ばしてから片づけます。結構パワーがあるので使えます。

ホース

普通の家庭用掃除機に比べてホースがやや硬く柔軟性がないような気がしますが特に不便を感じるほどではありません。

騒音

80dBで同程度の他メーカーのものと比べて音はややうるさいので深夜などは近隣への騒音が気になるような場合があるかもしれません。

水の吸引

付属の黒いフォームフィルタをモーターヘッドに取り付けて湿式としても使うことができます。水の吸引に関しては今のところ試していないので試したら報告します。

見た目

使い方合ってるかわかりませんがタンク上部にブラシとノズルを差して立てると見た目が可愛くなります。(^ω^)

まとめ

マキタ、ボッシュ、Hikokiなどの同サイズのものと比べるとコスパが良く家庭用の集塵機として使用する分にはじゅうぶんに強力でいい仕事をしてくれます。

作業スペースを効率的にきれいに保つことができ、使用後の機械周りの掃除、他の工具との接続でも使用できとても便利です。集塵機買ってよかったです(^^)

姉妹機・ライバル機種

イーバリュー

一回り小さくパワーも少し抑えたEVC-120SCLというタイプもあるのでさほど大きさを必要としない方はこちらでもいいかも。

ボッシュ

京セラ(リョービ)

マキタ

Hikoki

      

木製のスプーンを作ってみた 電動彫刻刀DC501レビュー↓↓

あわせて読みたい
電動彫刻刀DC-501レビュー 木製スプーンを作ってみた リョービの電動彫刻刀DC-501を買いました。木製スプーンを作ってみたので使い心地のレビューです。 斧を壁にディスプレイ 木製のフック(飾り台)を作ってみました↓↓ h...
集塵機 E-value EVC-200SCL 乾湿両用掃除機レビュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
TOP
目次
閉じる